コンテンツにスキップする

ボストン連銀総裁:バランスシート上の米国債年限引き下げを支持

  • 将来的に再びツイストオペが必要になる可能性がある
  • TBのシェアを増やすことが重要な目標の1つになり得る

米ボストン連銀のローゼングレン総裁は26日、将来のリセッション(景気後退)に備える1つの方法として、連邦準備制度のバランスシート上の米国債の平均年限を引き下げることを支持する考えを示した。

  同総裁は香港での講演のテキストで、米金融当局がこの先、再び「ツイストオペ」を実施する必要が生じる可能性があると指摘した。金融当局は2011年、金融危機対応の戦術として、借り入れコスト引き下げと景気押し上げを目指し、保有する短期国債を売却して長期国債を買い入れるツイストオペを行った。しかし現在は、償還期間が1年以下の財務省短期証券(TB)をほとんど保有していない。

  ローゼングレン総裁は「TBのシェアを増やし、保有証券の年限をより迅速に引き下げることは、正常化の一環として重要な目標の1つになる可能性がある」とし、「そうすることで、次に深刻な景気下降に見舞われた場合、連邦準備制度はバランスシート上の資産の年限長期化という政策手段を講じる柔軟性を確保できる」と説明した。

原題:Rosengren: Shortening Duration of Fed Holdings Aids Flexibility(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE