コンテンツにスキップする

ナイキに欧州委が15億円制裁金-サッカークラブ商品の販売制限で

  • 業者が名門サッカークラブ商品を域内の他国で販売するのを阻止
  • 「選択肢の減少、価格の上昇につながった」-ベステアー委員

欧州連合(EU)の行政執行機関である欧州委員会は25日、米ナイキとライセンス・販売契約を結んだ業者が名門サッカークラブなどのブランド商品を欧州経済地域(EEA)内の他の国で販売するのを阻止されたとしてナイキに1250万ユーロ(約15億5600万円)の制裁金を科したと発表した。こうした行為は一部市場で価格を高水準に維持することが目的だったとした。

  欧州委のベステアー委員(競争政策担当)は「ジャージーやスカーフなどひいきのチームのブランド商品をファンが大切にすることは多い。ナイキのライセンシーの多くは、これらブランド商品を他国で販売することを阻止され、消費者にとって選択肢の減少、価格の上昇につながった」と電子メールで送付された資料でコメントした。

  今回の制裁金の対象にはバルセロナやマンチェスター・ユナイテッド、ユベントス、インテル・ミラノ、ASローマなどのプロサッカーチームやフランス代表チーム向けのナイキ商品が含まれる。ナイキの独自ブランドの販売は対象外。ナイキが欧州委の調査に協力したことで制裁金は40%減額された。

原題:Nike Fined $14 Million for Limits on Soccer Merchandise Sales(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE