コンテンツにスキップする

ボーイング:航空各社は737MAXの失速防止修正ソフト申し込みを

  • 当局が修正ソフトの承認に近づいていることを示唆
  • ボーイングは失速防止の修正ソフトを無料で提供

ボーイングは737MAXを保有する航空会社に対し、失速防止ソフトの無料修正版の提供を申し込むよう求めた。当局の修正ソフト承認が近づいていることが示唆された。

  737MAXが5カ月の間に2回の墜落事故を起こしたことから、世界的に同機の運航停止が広がった。昨年10月に起きたライオンエア610便の墜落事故の暫定報告書が失速防止システム「MCAS」により同機がジャワ海に墜落する前に繰り返し機首を下げた可能性を指摘したことを受け、ボーイングは失速防止ソフトの修正に取り組んでいる。

  米連邦航空局(FAA)は発表文で、ソフト修正版をまだ承認していないとした上で、ボーイングが修正を完了するのを待って、検査する予定であることを明らかにした。

原題:Boeing Tells Airlines to Get Ready for Free 737 Max Software Fix(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE