コンテンツにスキップする
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

【米国株】10年債利回り一段と低下、株はまちまち

更新日時
Pedestrians walk along Wall Street near the New York Stock Exchange (NYSE) in New York, U.S., on Friday, Oct. 5, 2018. A severe sell-off in technology stocks has pushed the front-month VIX futures contract to a premium relative to the second-month contract.
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

25日の米金融市場では、米国債が上昇。米10年債利回りは2017年12月以降で初めて2.4%を割り込む場面もあった。株式相場は強弱まちまち。 

  • 米国株は強弱まちまち、S&P500種は小幅安
  • 米国債は上昇、10年利回り一時2.4%割れ
  • NY原油は続落、逆イールド受け神経質な動き
  • NY金は続伸、ドル安や世界成長懸念で

  S&P500種株価指数はテクノロジー株を中心に下落。アップルが安い。新サービス発表イベントでのティム・クック最高経営責任者(CEO)の発言中に下げた。一方、消費財株と資本財関連は上昇。10年債利回りは2営業日連続で低下。景気減速を背景に米金融当局による利下げが必要になるとの見方が広がっている。

  S&P500種は前週末比0.1%安の2798.36で終了。ダウ工業株30種平均は14.51ドル(0.1%)高の25516.83ドル。ナスダック総合指数は0.1%下げた。ニューヨーク時間午後4時45分現在、米10年債利回りは4ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の2.40%。

  株価のバリュエーションが昨年の高水準に近づいた後、世界景気の減速懸念が強まる中でリスク資産が下落。シカゴ連銀のエバンス総裁は、2019年の経済見通しが失望すべきものである場合、連邦準備制度は政策金利を据え置くか、金融緩和に踏み切る必要もあるだろうと述べた。

  アリアンツ・グローバル・インベスターズの米投資ストラテジスト、モナ・マハジャン氏は、「バイアスは依然として下方向だ」と指摘。「一般的に、低い長期金利は景気の長期見通しに関する不安が広がっていることを意味する」と述べた。

Treasury 10-year yield briefly falls below 2.4%

  ニューヨーク原油先物相場は続落。石油輸出国機構(OPEC)加盟国のベネズエラで緊張が高まっているものの、22日の逆イールドを背景とした米景気減速の兆しが重しとなった。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物5月限は22セント(0.4%)安の1バレル=58.82ドル。ロンドンICEの北海ブレント5月限は18セント高の67.21ドル。

  ニューヨーク金先物は続伸。ドルの下落が背景。世界経済の成長が減速しつつあるとの懸念が強まったことで、逃避先資産としての金の投資妙味が高まった。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物6月限は0.8%高の1オンス=1329ドルで終了した。

原題:Treasury 10-Year Yields Sink as Stocks Mixed: Markets Wrap(抜粋)
Oil Ends Volatile Day Lower as Yield-Curve Jitters Linger
PRECIOUS: Gold Advances on Weaker Dollar, Global Growth Anxiety

(相場を更新し、4-5段落を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE