コンテンツにスキップする

【NY外為】ドルが下落、米国債利回りが全般的に低下

更新日時
  • 米10年債利回り、2.40%割り込み17年12月以来の低水準
  • 新興国通貨、トルコ・リラをはじめ幅広く値上がり

25日のニューヨーク外国為替市場では、ドルが主要10通貨の大半に対し下落。米10年債利回りが一時2017年以来の低水準となる中、モデル系ファンドがドル売りを出した。  

  • ニューヨーク時間午後4時45分現在、ブルームバーグのドル・スポット指数は前週末比0.1%低下
    • ドルは円とポンドを除く主要通貨に対して下げ。北欧通貨は上昇が目立った。新興国通貨はトルコ・リラをはじめ幅広く値上がり
    • 米10年債利回りは2.40%を割り込み、一時は2.375%と17年12月以来の水準。この日は3カ月物の利回りを10年物が上回る場面もあったが、その後は再び逆イールドに。米金融当局がどこかの時点で利下げを余儀なくされるとの観測が続いている
    • シカゴ連銀のエバンス総裁は、2019年の経済見通しが失望すべきものである場合、金融当局は政策金利を据え置くか、金融緩和に踏み切る必要もあるだろうと述べた。フィラデルフィア連銀のハーカー総裁は、米当局が今年利上げをするとしても「せいぜい」1回のみだとの見方を示した
  • ドルは円に対し0.1%高の1ドル=109円98銭
  • ポンドはドルに対し0.1%安の1ポンド=1.3199ドル
    • 一時は0.4%安となっていた
    • メイ英首相は、自身の欧州連合(EU)離脱協定案を採決に持ち込むだけの十分な支持はまだ得られていないと発言。それでも週内の採決実施を目指すと表明
  • ユーロはドルに対し0.1%高の1ユーロ=1.1315ドル。小幅ながら上昇を保った
    • 日中高値は1ユーロ=1.1331ドル
    • ドイツのIfo経済研究所が集計した3月の独企業景況感指数は99.6と、市場予想の98.5を上回った
    • ドイツ国債利回りの低下は貯蓄が招いた、欧州中央銀行(ECB)の金融政策ではない-クーレECB理事

欧州時間の取引

  円が対ドルで下落。新しい材料が待たれる中でポジション調整が入った。ドル・円は一時0.2%安の109円71銭を付けたが、その後、0.3%高の110円24銭となった。

原題:Dollar Struggles as Treasuries Gain Across Curve: Inside G-10(抜粋)
Yen Retreats from Six-Week High as Dollar Steadies: Inside G-10

(相場を更新し、情報を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE