コンテンツにスキップする

タイ総選挙:タクシン派政党が勝利を主張、公式結果は5月9日までに

  • 暫定集計では親軍政党、国民国家の力党がリードしていた
  • タクシン派のタイ貢献党は350議席のうち138議席を獲得

タイで24日投開票された総選挙ではタクシン元首相派のタイ貢献党が勝利宣言し、政権樹立の意向を表明した。暫定集計では親軍政党がリードしていた。

  選挙管理委員会が発表した速報値によると、小選挙区で選出される350議席のうちタイ貢献党は138議席を獲得。親軍事政権の政党、国民国家の力党が96議席で続いた。速報値は比例代表で選ばれる150議席には触れていないが二大政党である両党はいずれも単独過半数には達しない見通しで、政権を取るには連立を組む必要がある。親軍政党も組閣を模索する意思を打ち出している。

  選管委員会のフェイスブックに掲載された非公式の集計速報では、開票率94%時点で国民国家の力党が770万票を獲得、タイ貢献党は723万票だった。選挙の公式結果は5月9日までに発表される。

Thaksin's Allies Take the Lead

Battle begins to form a coalition government after the Thai election

Source: Election Commission of Thailand

原題:Thaksin Allies Claim Victory in Thai Election, Challenging Army(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE