コンテンツにスキップする

ソフトバンク孫社長、アマゾン株を購入できなかった過去-33億円不足

ソフトバンクグループの孫正義社長は米アマゾン・ドット・コムの株式を取得する機会があったにもかかわらず、あと3000万ドル(約33億円)が用意できなかった。

  孫社長は25日に都内で行った対談で、かつてアマゾン株の3割を取得する契約をする直前までジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)と交渉が進んだと明らかにした。孫社長は1億ドルを提示したが、ベゾス氏は1億3000万ドルを主張。孫社長はその価値はあると思ったが、資金がなく断念した。

Key Speakers at Milken Institute Japan Symposium

都内で対談した孫社長

Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

  孫社長は「最近、ベゾス氏に再会した際、お互いに笑ってしまった」と英語で説明。「投資をしなかったのは失敗だった。十分な資金がなかったからだ。ただイメージやビジョンは正しかった」と話した。

  現在のアマゾンの市場価値は8600億ドルを超える。もし孫社長が投資していたら、持ち分は2600億ドルになっていた計算だ。ソフトバンクGが保有する中国の電子商取引会社アリババ・グループ・ホールディングの価値は1320億ドル(14.5兆円)に達する。

  孫社長は対談でアマゾンへの投資ができなかったことをビジョンファンドを設立した理由として挙げ、「今回は同じ失敗はしたくない。だから十分な資金を集めた」と話した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE