コンテンツにスキップする
Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg

トルコ・リラ反発-中銀が市場の懸念払拭に向け新たな措置

更新日時
  • リラは一時3.4%上昇、22日は5%余りの下げ
  • 外貨準備を積み増すと中銀が表明、市中への外貨供給見送る
Star and Cresent symbols sit on an assortment of Turkish Lira banknotes in this arranged photograph in London, U.K., on Wednesday, Aug. 15, 2018.
Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg

25日の外国為替市場でトルコ・リラは反発。中央銀行が市中銀行の借入金利を引き上げるとともに外貨準備を積み増す措置を取ると示唆したことを受け、22日の急落から持ち直した。

  中銀は政策金利であるレポ金利での資金供給を見送り、市中銀行に金利25.5%の翌日物ウィンドウで借り入れることを強制。これにより市中銀行の資金調達金利は1.5ポイント上昇したことになる。1週間物スワップ入札による外貨供給も行わず、これは週内に25億ドル(約2760億円)の外貨積み増しにつながり得る。

  リラは22日、外貨準備高が予想に反して大幅に減少したことをきっかけに5%余り急落していた。25日は一時3.4%高の1ドル=5.5711リラを付けた。

Lira Swings

原題:Turkish Lira Rebounds as Erdogan Warns Bankers to Be Punished(抜粋)
Lira Rebounds as Turkey Central Bank Moves to Allay Market Fears

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE