コンテンツにスキップする
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

米国債券市場、リセッションのシグナル発信-今週の入札に注目

  • 3カ月物の利回りは現在、10年物を上回っている
  • 1310億ドルの入札を予定-利回りは数カ月ぶり低水準か
Pedestrians walk along Wall Street near the New York Stock Exchange (NYSE) in New York, U.S., on Monday, March 11, 2019. U.S. stocks bounced back from the worst week of the year, as chipmakers rallied on deal news and the latest retail-sales data boosted confidence that the economy isn't headed for a downturn.
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

今週は1310億ドル(約14兆3900億円)の米国債の入札が予定されているが、利回りは数カ月ぶりの低水準となる見込みだ。米金融当局のハト派的決定と世界の成長鈍化の新たな兆候を受けて、投資家は債券市場に流れ込んでいる。

  今週の入札はイールドカーブの中で今、リセッション(景気後退)のシグナルとして注目されている3カ月物から始まる。3カ月物の利回りは現在、10年物を上回っている。2007年終盤に始まった不況に先立ち、イールドカーブのこの部分は06年序盤から逆転していた。フランスとドイツの景気の弱さを示す指標や米製造業の減速の中で今回の逆イールドは出現した。

  今後数日に発表される米国の住宅市場や消費者信頼感を測る指標で、投資家は連邦準備制度の次の動きを予測しようとするだろう。当局は3月に、市場の意表を突いて今年の利上げ回数見通しをゼロとした。

Yield curve turns negative for the first time since 2007

  レイモンド・ジェームズの債券責任者、ケビン・ギディス氏は、「金融当局の行動やコメントは投資家に、経済の今後について他の人が知らないことを当局者らは知っているという印象を与えた」と指摘。「典型的なモメンタム取引は現在リスクオフを支持しており、これがリセッションについての会話を促している」と述べた。

  政策当局は依然として次の動きは20年の利上げと示唆しているが、短期金融市場のトレーダーらは利下げ観測を強めている。フェデラルファンド(FF)金利先物は今年の0.25ポイント利下げ確率約80%を織り込んでいる。先週前半には30%程度だった。

  サンフランシスコ連銀は、3カ月物と10年物の利回り格差を最も有用なリセッション指標だとしている。今週は2年、5年および7年物債の入札も実施され、これは当局が一部の予想より早くバランスシート縮小を停止するかどうかを占うヒントになる。

   FTNファイナンシャルのストラテジスト、ジム・ボーゲル氏は「入札を通じ、投資家がカーブのどの部分に資金を投じたがっているかが分かる 」と話している。

原題:Bond Market Flashes Recession Warning Before Round of Auctions(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE