コンテンツにスキップする

シカゴ連銀総裁:下振れリスクが現実化すれば金融緩和の必要性も

更新日時
  • 米成長率は18年の3.1%から19年は1.75-2%に減速へ-エバンス氏
  • 経済成長が予想通りなら、追加の引き締めはインフレ加速次第に

米シカゴ連銀のエバンス総裁は、2019年の経済見通しが失望すべきものである場合、連邦準備制度は政策金利を据え置くか、金融緩和に踏み切る必要もあるだろうと述べた。

  エバンス総裁は25日に香港で行う講演の事前原稿で、「現時点で、下振れシナリオのリスクは上振れシナリオのリスクよりも大きいようだ。経済活動が予想より軟化したり、インフレやインフレ期待が低くなり過ぎたりした場合、当局の目標達成に適切な調整を行うため、据え置きないし緩和する必要さえあるかもしれない」と語った。

The Fed's March Dot Plot

  連邦公開市場委員会(FOMC)は3月20日、追加的な金融引き締め回数の見通しを減らし、投資家の意表を突いた。FOMC参加者17人のうち11人が年内の金利据え置きが適切との見方を示した。過去3年間にFOMCは政策金利であるフェデラルファンド(FF)金利誘導目標をほぼゼロから2.25ー2.5%に引き上げている。

  パウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長はFOMC後の記者会見で、経済成長見通しの下方修正の一因として海外の景気減速を挙げたが、エバンス総裁も減速見通しに同調。米成長率は2018年の3.1%から19年に1.75ー2%に減速すると予想した。

  エバンス総裁は「このレンジの下限が実際のところ、長期的な潜在成長率についての私の見方に一致する」とコメント。「しかしながら昨年の極めて力強いパフォーマンスに比べると、景気が非常に好調であるようには実感されないだろう」と付け加えた。

  総裁は、経済成長が予想通りなら、追加の引き締めはインフレが加速するかどうか次第になるだろうと発言。「経済成長が潜在成長率に近い水準で推移し、インフレの勢いが増す場合は、米経済が長期的に持続可能な成長軌道に落ち着き、インフレ率が当局の2%目標付近で上下対称的に推移する状況を確実にするため、多少の追加利上げが長期的には適切になるかもしれない」と述べ、「このシナリオでの金利の道筋については、コアインフレに加速の兆候があるかどうかに強く左右されるだろう」と説明した。

  ただ総裁は、「インフレ圧力が高まることは懸念していない。どちらかと言えばこれ以上高まらないことを懸念している」という。同じく25日のブルームバーグテレビジョンとのインタビューでは、2%に近いインフレ率を「維持するために金融緩和がなお必要なのではないかと心配している。このため政策金利の見通しを実際に下方修正した。基本的に20年秋までは据え置きと考えている」と語った。

  講演後の質疑応答ではイールドカーブについて、フラット化は留意すべき現象であるものの、米経済のファンダメンタルズは引き続き強く、負の衝撃が米経済を襲うリスクは「現時点で特に高くも低くもない」と指摘した。

原題:Evans Says Fed May Have to Ease If Downside Risks Become Reality(抜粋)
Evans Says Fed May Have to Ease If Downside Risks Take Hold (1)、Fed’s Evans: I’m a Little Nervous About Inflation

(第5段落に加筆し第7、8段落を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE