コンテンツにスキップする

中国人民銀総裁:金融市場の開放余地大きい-リスク管理も必要

  • 国内外の金融機関を同じく扱うべきだ-株式保有や事業範囲巡り
  • 投資家のリスク管理手段の充実が今年の重要課題-易総裁

中国人民銀行(中央銀行)の易綱総裁は24日、本土金融市場の対外開放度は高くないと指摘し、アクセス拡大に向けた余地が大きいと述べた。

  易総裁は北京で開かれた「中国発展ハイレベルフォーラム」で、外国金融機関を株式保有比率や事業範囲、ライセンス面で国内同業と同じく扱うべきだと表明した。

  中国の当局者は同フォーラムで、経済を一段と開放し、国内企業と公平な競争環境を確保する方針をあらためて言明。景気減速や高水準の債務、長期的な金融安定を巡る懸念が生じる中、中国政府は外国の専門知識や資本の活用も目指している。

  易総裁は「金融開放に合わせたリスク防止メカニズムの改善が必要だ。金融セクターの開放は金融リスクの原因ではないが、開放に伴いリスク管理は複雑になる」と説明。中国市場に資金を投じる上で外国企業や投資家が求めてきたヘッジを後押しする考えも示した。

リスク管理

  易氏は「今年の重要課題は資本市場がいかにより的確に価格を決定できるかを研究するとともに、十分な種類のヘッジ手段を提供して、あらゆる分野の投資家がより効果的にリスクを管理できるようにすることだ」と指摘。利用可能な金融手段の種類を増やすことで資産配分を最適化できるとも話した。

  また、易総裁は対米貿易協議の議題の一つになっている人民元相場について、「人民銀は既に日常的な介入を控えており、市場参加者はますます柔軟な為替レートに適応している」と語り、為替改革を進める方針を繰り返した。

原題:China Has a Lot of Financial Opening Up to Do, Says Central Bank(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE