コンテンツにスキップする

米国による最新の北朝鮮関連の制裁に変更なし-関係者

  • トランプ大統領の制裁を巡るツイートで混乱が生じていた
  • 混乱を受けて関係者が米の制裁について説明した

北朝鮮の制裁逃れを手助けしたとして米国が21日に発表した中国に拠点を置く海運2社を対象とする制裁措置の実施に変更はないと、関係者2人が明らかにした。事情に詳しい関係者が匿名を条件に22日夜に語ったところによると、トランプ大統領は金正恩朝鮮労働党委員長が率いる北朝鮮政府に追加制裁を科す計画はない。

  トランプ米大統領は22日、北朝鮮に科した「大型の追加制裁」の撤回を命じたとツイートし、混乱を招いていた。その数時間後に同関係者はこの問題について説明した。

  トランプ大統領は追加制裁について、22日に発表された措置だとしたが、財務省は同日にそのような発表はしていない。海運2社に対する制裁は21日に発表された。

  ホワイトハウスのサンダース報道官は、「トランプ大統領は金正恩委員長を好ましく思っており、これらの制裁が必要だとは考えていない」との声明を発表した。トランプ氏がどの制裁の撤回を計画しているのか、声明には説明がなかった。同報道官は補足を求める質問に返答していない。

原題:U.S. Said to Leave in Place Latest North Korea-Related Sanctions(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE