コンテンツにスキップする
Photographer: David Scull

中国がベネズエラ野党代表を拒否、成都でのIDB総会中止

  • IDBは30日以内に新たな開催地と日程を決めるとしている
  • 中国の成都で28-31日に開かれる予定だった
The Inter American Development Bank on New York Avenue in Washington, DC is seen on March 6, 2002.
Photographer: David Scull

米州開発銀行(IDB)は22日、中国の成都で28-31日に開かれる予定だった年次総会の中止を発表した。ベネズエラの野党代表が総会に参加するのを中国が拒んだと事情に詳しい関係者が公に話す権限がないとして匿名を条件に明らかにした。

   IDBは30日以内に新たな開催地と日程を選ぶとしている。ベネズエラのグアイド国会議長が率いる野党側の代表が参加できなければ、米国は総会から引き揚げると警告していたとロイター通信が先に報じていた。中国外務省と中国人民銀行(中央銀行)にコメントを求めファクスを23日送ったが、返答はなかった。

  中国外務省の耿爽報道官は22日の定例記者会見でこの問題を巡る質問に対し、「IDB総会は政治問題を扱う場ではない。金融問題に焦点を絞るべきで、政治問題化してはならない」と述べていた。

原題:Finance Meeting in China Said to Be Canceled Over Venezuela Row(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE