コンテンツにスキップする

ムーアFRB理事候補:昨年12月の利上げは「大きな間違い」

  • パウエル議長ら理事会メンバーを手助けできるようになりたい
  • ブルームバーグテレビジョンのインタビューに答えた

トランプ米大統領が連邦準備制度理事会(FRB)の理事候補として名指ししたスティーブン・ムーア氏は22日、連邦公開市場委員会(FOMC)による昨年12月の利上げは「非常に大きな間違い」だと主張するとともに、米経済の拡大を確実にするためパウエルFRB議長に協力することを楽しみにしていると述べた。

  ムーア氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「12月に利上げをしたことは今なら誰でも非常に大きな間違いだと認めるだろう」と指摘。利下げが必要かとの質問に対しては、「それについては分からない。もっとよく見極める必要があるだろう」と答えた。

スティーブン・ムーア氏

ブルームバーグ

  保守系シンクタンク、ヘリテージ財団の客員研究員を務めるムーア氏は、長年トランプ氏を支持。ムーア氏とトランプ大統領は経済について「とても似たような考え方をする」と説明し、「今後5-6年は3-4%の成長率を達成できると本当に思う」と話した。20日までのFOMCでは米経済の長期成長率は1.9%前後になるとの予測が示されている。

  ムーア氏は「私は混乱させたくはない」と述べた上で、「パウエル議長をはじめとする理事会メンバーがこの国のためになし得る最善の成長促進と物価安定のシステム構築を本当に手助けできるようになりたい」と語った。

 

原題:Fed Nominee Moore Says December Rate Hike Was a Big Mistake (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE