コンテンツにスキップする

ミネアポリス連銀総裁:米政策金利、中立に近い-利回り曲線が示唆

ミネアポリス連銀のカシュカリ総裁は、金融当局が3年に及ぶ利上げ局面を経て中立の政策スタンスに近づいていることを米債券市場は示唆しているとの認識を示した。

  総裁は22日にツイッターへの投稿で、「私が反対した過去の利上げではまだ、中立の水準を超えて引き締めスタンスに移行したとは考えていなかった。中立金利は名目で2.5%との見解を私は維持してきたが、それは正しくないかもしれない」と述べた。

Federal Reserve Bank of Minneapolis President Neel Kashkari Speaks At NABE Conference

カシュカリ総裁

写真家:Andrew Harrer / Bloomberg

  米国債市場ではこの日、注目されていた3カ月物と10年物の利回り水準の逆転が起きた。この逆転は2007年以降で初めて。

  カシュカリ総裁は「中立水準は私が考えていたより低いのかもしれない。こうした状況ではイールドカーブが役立つと私は考えている。極めて平たんなイールドカーブ(2年債と10年債)は、中立に近づいている可能性が高いことを物語る」とツイッターに連投。「しかしこの点では不確実な部分も多く、(私はそう望まないが)引き締め的になっている可能性もある」と続けた。  

原題:Kashkari Says Yield Curve Suggests Fed Is Close to Neutral Rate(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE