コンテンツにスキップする

米中古住宅販売:2月は前月比11.8%増、2015年以来の大幅な伸び

更新日時

全米不動産業者協会(NAR)が発表した2月の中古住宅販売件数は、前月比で市場予想を上回り、ほぼ1年ぶりの高水準に持ち直した。4カ月ぶりの増加となり、昨年落ち込んだ住宅市場が安定を取り戻しつつあることが示唆された。

キーポイント
  • 中古住宅販売件数(季節調整済み年率)は前月比11.8%増の551万戸
    • 2015年以降で最大の伸び
    • ブルームバーグがまとめたエコノミストの全予想を上回る
    • 予想中央値は510万戸
  • 中古住宅価格(中央値)は前年同月比3.6%上昇
Sales of previously owned U.S. homes jumped by the most since 2015 last month

インサイト

  • 今回の驚くほど強い増加は、1年ぶり低水準にある住宅ローン金利や、底堅い消費者センチメント、米金融当局が表明した慎重姿勢の継続が住宅市場の安定につながっていることを示唆。住宅販売は昨年に落ち込んでいた
  • 一戸建て住宅販売は13.3%増の494万戸。集合住宅は57万戸で変わらず
  • 持ち直しが持続可能なものか、あるいは魅力的な住宅ローン金利を待っていた買い手の繰り延べ需要を主に反映したものか、判断するにはしばらく時間がかかる可能性がある
  • NARチーフエコノミスト、ローレンス・ユン氏
    • 「金利低下が購入意欲を復活させたのは間違いない」-ミシガン大学消費者マインド指数やコンファレンスボードの消費者信頼感の強い数字を引用して説明。「住宅販売のペースとしては、非常に強い」

詳細

  • 販売に対する在庫比率は3.5カ月で、前月(3.9カ月)から低下
  • 統計の詳細は表をご覧ください

原題:U.S. Existing-Home Sales Surge 11.8% in Best Gain Since 2015 (1)(抜粋)

(統計の詳細を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE