コンテンツにスキップする

ドイツの10年国債がマイナス利回りに-2016年以来初めて

  • 独製造業購買担当者指数は44.7と12年以降で最低
  • 予想下回るインフレと成長の指標でドイツ国債は今年値上がり

ドイツの10年物国債利回りが22日、2016年以来初めてマイナスとなった。独製造業の経済活動がますます大きく縮小し、ユーロ圏全体の景気減速懸念を深めた。

  市場予想を下回るインフレと成長の指標が続く中、安全資産と見なされるドイツ国債は今年値上がりしている。IHSマークイットの3月の独製造業購買担当者指数は44.7と12年以降で最低となり、エコノミスト予想の48を大きく下回った。

  ダンスケ銀行の債券調査責任者、 アルン・ローマン・ラスムセン氏は、「マイナス利回りは、米連邦準備制度とイングランド銀行、欧州中央銀行(ECB)がいかにキャリー環境と利回り追求を作り出したかを浮き彫りにしている」とし、「現在の市場センチメントの核心だ」と述べた。

  独10年債利回りは4ベーシスポイント(bp)低下しゼロ前後。これは16年10月以来の低水準。

German yields go negative for the first time since 2016

原題:German 10-Year Yields Drop Below Zero for First Time Since 2016(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE