コンテンツにスキップする

ブラックロックのファンド、大麻銘柄の加キュラリーフに積極投資

  • 米連邦政府が認めない大麻、多くの銀行や機関投資家が投資を敬遠
  • キュラリーフは大麻由来商品をCVSヘルスの店舗で販売する

米ブラックロックのファンドが、急成長している大麻関連ビジネスに積極投資している。

  同社のアクティブ運用ファンド5本は、カナダのキュラリーフ・ホールディングスに投資する機関投資家として最大となった。

  キュラリーフは20日、大麻由来の商品を米CVSヘルスが展開する800以上の店舗で販売する計画を発表。キュラリーフの時価総額は約23億ドル(約2540億円)と、米上場の大麻関連企業としては3番目の大きさとなっている。

Weed Leaders

Most valuable U.S. pot companies by market cap

Source: Bloomberg

Note: Values in USD

  ブラックロックのキュラリーフ持ち分は1100万ドル相当。カナダはマリフアナを合法化したが、米国では10州が嗜好(しこう)用として解禁しても、連邦政府は違法物質に指定している。このため合法大麻の売上高が昨年100億ドルを突破したにもかかわらず、多くの銀行や機関投資家は米国内の大麻銘柄を敬遠している。

  ニューヨークを本拠とする大麻関連のベンチャーファンド、アルティチュード・インベストメント・マネジメントのパートナー、ジョン・ブレッカー氏は大麻関連ビジネスへの投資について、「大半の機関投資家や金融機関は様子見している」と述べた。

  ブラックロックの広報担当者はコメントを控えている。

原題:BlackRock Funds Invest in Pot Stock as Legalized Weed Gains (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE