コンテンツにスキップする

ドイツ銀:19年収入は「わずかに」増加の見込み-市場環境弱い

更新日時
  • 通期の収益率目標は維持-有形株主資本利益率4%目指す
  • UBSグループやソシエテ、米シティ、JPモルガンも弱気

ドイツ銀行は、今年の収入が昨年に比べ若干増えるとの見通しを示した。一方、今年これまでの市場環境は予想よりも弱いともコメントし、年初の厳しさを警告する投資銀行の中に加わった。

  経済成長が「堅調」であれば、2019年の収入は前年を「わずかに」を上回る見込みだとしている。年次報告書を22日に発表した。今年の収益率目標は維持したものの、達成できるかどうかは市場の動向次第だと警告した。

  クリスティアン・ゼービング最高経営責任者(CEO)は過去1年、コスト削減を中心とした立て直し計画を加速させてきたが、収入の長期減少傾向に歯止めがかからず、ゼービングCEOの戦略が疑問視されている。弱い見通しは国内同業のコメルツ銀行との合併を同CEOが模索する上で、ドイツ銀が直面する圧力を浮き彫りとする。

  ドイツ銀は「市場環境は18年10-12月(第4四半期)との比較では改善しているものの、予想していたよりは幾分弱い」としている。

  ゼービングCEOは今年こそ増収を確保したい考えで、有形株主資本利益率(ROTE)を通期で4%とする目標を掲げている。アナリストらは懐疑的で、同行調査でのコンセンサスによれば、減収とROTE1.2%を見込んでいる。

  スイスのUBSグループやフランスのソシエテ・ジェネラル、米シティグループ、JPモルガン・チェースも、自行の業績について厳しい見通しを示している。

  ドイツ銀の株価は一時3.3%高となったがフランクフルト時間午前10時18分現在はほぼ変わらず。

原題:Deutsche Bank Vows to Reverse Slump, Defying Headwinds (1)(抜粋)
Deutsche Bank Vows to Reverse Revenue Slump, Defying Headwinds

(最終段落に株価を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE