コンテンツにスキップする

中国:5月1-4日を連休に、旅行など消費喚起狙う-観光株値上がり

  • 今年は例年祝日となるメーデーだけでなく、2、3両日も休み
  • 4連休で旅行者が増え、外食や宿泊をする消費者増加も

中国政府は22日、5月1日の労働節(メーデー)から4日間を連休にすると発表した。消費の喚起を目指す。

  国務院の発表によると、今年は例年祝日となる労働節だけでなく、2、3両日も休みにする。その代わり、連休前後の日曜日は通常の勤務日とするため、実質的に新たな休日は生まれないが、5月4日は土曜日のため、多くの人にとっては4連休ができることになる。

  連休とすることで旅行需要が膨らみ、外食や航空券購入、宿泊をする消費者が増える可能性がある。政府の発表を受け、22日の中国株式市場で観光株は値上がりした。

原題:China Creates Four-Day Weekend in May Amid Consumption Worries(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE