コンテンツにスキップする

ディズニー、フォックス映画部門の人員削減に着手-買収完了直後

  • 20世紀フォックスの国内劇場配給責任者ら上級管理職が主な対象
  • ディズニーはフォックス傘下と自社の映画スタジオを統合へ

ウォルト・ディズニーは710億ドル(約7兆9000億円)規模の米21世紀フォックスのエンターテインメント資産買収が完了してから2日足らずで、取得した映画スタジオ部門「20世紀フォックス」の人員削減に着手した。

  事情に詳しい複数の関係者によれば、国内劇場配給責任者のクリス・エロンソン氏と製品戦略責任者のマイク・ダン氏のほか、マーケティング担当上級幹部3人を含む上級管理職の社員がレイオフの主な対象となる。20世紀フォックスのステイシー・スナイダー会長は数カ月前に退任を表明した。

  今回の買収により、フォックス傘下の20世紀フォックスと「フォックス・ファミリー」、「フォックス・サーチライト・ピクチャーズ」、「フォックス2000」、「ブルー・スカイ・スタジオ」は、ディズニー傘下の「ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ」や「ピクサー・アニメーション・スタジオ」、「マーベル・スタジオ」、「ルーカスフィルム」と統合される。ディズニーの21日の発表資料によれば、ウォルト・ディズニー・スタジオのアラン・ホーン会長とアラン・バーグマン社長が新部門を統括する。

  これに伴い、ハリウッドの主要な映画スタジオの数は6から5に減り、数千人の失業につながる見通し。事情に詳しい関係者によれば、ディズニーは最上級クラス幹部に退職手当として最大2年分の報酬を提示しているという。

原題:Disney Begins Fox Layoffs With Cuts Focusing on Film Studio (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE