コンテンツにスキップする
Photographer: Ed Jones/AFP

北朝鮮が国連制裁逃れ、「瀬取り」で石油製品を輸入-米政府

  • 北朝鮮の港は昨年263回、タンカーから石油製品引き渡しを受けた
  • ベトナムのトンキン湾で瀬取りを通じて石炭輸出を再開とも分析
A photo taken on November 21, 2017 shows cranes at the RasonConTrans coal port at Rajin harbour in North Korea's Rason Special Economic Zone.
Photographer: Ed Jones/AFP

北朝鮮は昨年、国連安全保障理事会による制裁を逃れ、認められている量の最大で7倍半もの石油製品を輸入したもようだ。米政府が指摘した。

  国務省と沿岸警備隊、財務省外国資産管理局(OFAC)がまとめた最新情報によれば、洋上で積み荷を船から船に移す「瀬取り」を通じて、北朝鮮の港は昨年、少なくとも263回、石油タンカーからの石油製品引き渡しを受けた。

  もしこうしたタンカーに容量の限度いっぱい石油製品が積み込まれていた場合、北朝鮮の輸入量は378万バレルになるという。米政府はまた最新情報で、北朝鮮はベトナムのトンキン湾で瀬取りを通じて石炭の輸出を再開したとも分析している。

  北朝鮮が2017年に行ったミサイル発射や核実験への制裁措置として、国連安保理は一部の石油輸入禁止措置に加え、鉄鉱石と石炭、鉛、海産物、繊維の禁輸を北朝鮮に科している。

原題:N. Korea Bypasses Sanctions With Illicit Oil, Coal Transfers (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE