コンテンツにスキップする

ブラジルのテメル前大統領逮捕-経済改革の進展にリスク広がる

  • 「洗車作戦」と呼ばれる汚職捜査で逮捕された2人目の大統領経験者
  • モレイラ・フランコ前鉱業・エネルギー相も逮捕された

ブラジルのテメル前大統領が21日、逮捕された。同国史上最大の汚職スキャンダルが、依然強力で予測不能な影響力を及ぼし得ることが示され、政府の経済改革の見通しに影を落とした。

  テメル前大統領(78)はルラ元大統領に続き、「洗車作戦」と呼ばれる汚職捜査で逮捕される2人目の大統領経験者となった。テメル前大統領の近しい友人である、モレイラ・フランコ前鉱業・エネルギー相も逮捕された。

  ブラジル株式相場は逮捕のニュースを受けて、この日一時2.6%安。財政立て直しに不可欠と見なされるものの不人気の年金改革に向け、政府案の検討を始めていた議員の間に衝撃が広がった。中・長期的影響は定かでないが、短期的にはブラジル経済てこ入れで喫緊の課題対応に新たな障害となる。XPポリティカのアナリストらは調査リポートで「わずか数日だとしても、年金改革への注目は失われる」と指摘した。

  マイア下院議長は今回の逮捕が法案の議会通過に影響を与えることはないとの見方を示した一方、「他の問題」は認めた。軍人恩給を巡る別の提案が前日に投資家などから不興を買っており、政府が法案承認を得られるのかとの懸念は既に高まっている。

  検察当局は、テメル前大統領が複数の国有企業・国家事業から流用された18億レアル(約530億円)余りを受領(じゅりょう)もしくはその約束を交わした「犯罪組織を率いた」と主張。そうした企業・事業には、リオデジャネイロ州の未完の原子力発電所アングラ3の建設が含まれるという。

President Temer Attends Announcement While Education Ministry Investigates University '2016's Coupe' Course

テメル前大統領

写真家:Andre Coelho / Bloomberg

原題:Economic Overhaul at Risk as Temer Arrest Roils Brazil Politics(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE