コンテンツにスキップする

ソフトバンクVFに2人目の女性パートナー、女性起業家後押しへ

  • ジェット氏はトコペディアとクーパンの役員でもある
  • 女性が起業した会社を支援するのが焦点-ジェット氏

ソフトバンクグループはリディア・ジェット氏をビジョン・ファンドのパートナーに昇進させた。ファンドの2人目の女性パートナーとなる。

ジェット氏は4年前にソフトバンクに加わり、世界の消費者向けインターネットおよびEコマース企業への投資を主導および統括している。同氏はインドネシアと韓国でそれぞれ最大のオンラインマーケットプレースであるトコペディアクーパンの役員でもある。

事情に詳しい関係者によると、1000億ドル(約11兆円)規模のビジョン・ファンドはこれまでに約700億ドルをさまざまな企業に投資しているが、公表されているファンドのポートフォリオによれば、そのほとんど全てが男性が創設し運営している企業だ。

relates to ソフトバンクVFに2人目の女性パートナー、女性起業家後押しへ

リディア・ジェット氏

Source: SoftBank Group Corp.

  「女性が起業した会社を支援するという意味でまだ良い仕事ができていない。この分野を今後も焦点としていくと考えている」とジェット氏は述べた。

原題:SoftBank’s Vision Fund Promotes Lydia Jett to Partner(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE