コンテンツにスキップする
Photographer: Patrick T. Fallon/Bloomberg

リフトの株式上場、スナップの二の舞いか-IPOアナリストが警告

  • IPO計画書類に事業評価で必要な詳細が「ほぼ皆無」-ウォレス氏
  • スナップはIPO価格比で一時72%下落-リフトは3月29日上場
An illuminated Lyft Inc. sign is seen on the dashboard of a ride share vehicle at Los Angeles International Airport (LAX) in Los Angeles, California, U.S., on Monday, Nov. 13, 2017.
Photographer: Patrick T. Fallon/Bloomberg

配車サービスの米リフトの企業価値をどう評価するか投資家が苦慮する中、テクノロジー企業の上場を専門にするアナリスト1人は、不運に見舞われたスナップの新規株式公開(IPO)との類似性があると警告した。

  トライトン・リサーチのレット・ウォレス最高経営責任者(CEO)は、両社はいずれもかなり規模の大きなライバルとの競合に直面している上、潜在的投資家にもっと情報開示できたはずだという点で、非常に似ていると指摘。同氏は21日にはリフトに対する批判をさらに強め、IPOの提出書類に事業評価で必要な詳細が「ほぼ皆無」だと述べた。

  ウォレス氏は電話インタビューで、「スナップがフェイスブックに対して差別化を図ったほどにも、リフトはウーバーに対する差別化ができていない」とコメント。「リフトはスナップと同様の動きを取っている。売上高だけを示して、収益性の話は無視し、投資家に将来を予測するために必要な指標を与えていない」と指摘した。

Snap trails Facebook, Twitter after reversing from IPO pop

  スナップは2017年の上場から2年の間にIPO価格を72%下回る水準まで下落した。IPO価格はメディアの注目やウォール街での評判を受け、仮条件を上回る価格で設定されていた。

  リフトは3月29日に上場する予定。

トライトン・リサーチのウォレスCEOがコメント

(出典:ブルームバーグ)

原題:Lyft’s Debut Looks Like Snap All Over Again, IPO Analyst Warns(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE