コンテンツにスキップする
Photographer: John Taggart/

バイオジェンとエーザイの治験薬試験の中止、ヘッジファンドにも打撃

  • 米AQRキャピタルが最も大きな痛手か-バイオジェン株急落で
  • エンピリアン・キャピタルは先にバイオジェン株投資を手じまい
(EDITORS NOTE: Image has been converted to black and white.) Pedestrians walk past the New York Stock Exchange (NYSE) in New York, U.S., on Monday, Feb. 22, 2016. Stocks retreated with government bonds, while the euro rallied to the highest level in almost a month as investors looked past an unprecedented boost from European monetary policy to focus on rising anxiety that policymakers have lost the ability to jumpstart global growth and stave off deflation.
Photographer: John Taggart/

米バイオジェンと開発パートナーのエーザイが最終段階にあったアルツハイマー病治験薬の臨床試験を中止すると明らかにし、バイオジェン株が21日急落したことから、幾つかの大型ヘッジファンドは痛手を負ったもようだ。

  昨年12月末現在の届け出に基づくと、米AQRキャピタル・マネジメントがヘッジファンドの中で最も大きく影響を受けたとみられる。運用資産1960億ドル(約22兆円)の同社は2016年以降、バイオジェン株の保有を着実に増やしてきた。

  コネティカット州グリニッチにある同社は同時点でバイオジェン株320万株を保有していたことが示されている。アローストリート・キャピタルやルネサンス・テクノロジーズなどもバイオジェン株の保有が大きい。

Shares now trade at the lowest level since mid-2016

  ニューヨークを本拠とするオービメッド・アドバイザーズも打撃を受けたもようだ。同社の「オービメッド・グロース・トラスト」が最も大きく保有しているのがバイオジェン株で、今年1月末時点で投資全体の11.7%を占めていた状況を最新の概況報告書が示している。同時点の運用総資産は約4億500万ポンド(約590億円)。

  ブルームバーグ・ニュースは多くの投資家に接触しコメントを求めたが、これまでのところ返答はない。

  先にバイオジェン株を手放していた慎重派のヘッジファンドは安堵(あんど)しているものとみられる。ブルームバーグが集計したデータによれば、昨年10-12月(第4四半期)にヘッジファンドの中で最も多くバイオジェン株を放出したのはエンピリアン・キャピタル・パートナーズで、バイオジェン株への投資を完全に手じまいした。ミレニアム・マネジメントも持ち分を大きく減らしたと届け出ている。

原題:Here’s Who May Have Been Crushed in Biogen’s $18 Billion Plunge(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE