コンテンツにスキップする
Photographer: Jeenah Moon/Bloomberg

米「リーバイス」が再上場-30%超える値上がりで初日終える

  • リーバイ・ストラウス、約690億円規模のIPOを実施
  • 時価総額は86億ドル超-1985年に非上場化されていた
Monitors display Levi Strauss & Co. signage during the company's initial public offering (IPO) in New York, U.S., on Thursday, March 21, 2019. Levi Strauss & Co. rose as much as 35 percent in its return as a public company, in the biggest test so far this year of a slow-to-warm-up market for U.S. listings.
Photographer: Jeenah Moon/Bloomberg

老舗のジーンズブランド「リーバイス」を展開する米リーバイ・ストラウスは21日、ニューヨーク証券取引所で再上場を果たした。一時は新規株式公開(IPO)価格比36%上げ、32%高で引けた。

  同社のチップ・バーグ最高経営責任者(CEO)は同証取でのインタビューで、取引が「これほど劇的に始まったという事実は、投資家そして消費者双方からのこのブランドへの買い意欲を示している」と述べた。

 

リーバイ・ストラウスのチップ・バーグCEO

(情報源:ブルームバーグ)

  リーバイは1株当たり17ドルで3670万株近くを対象にした6億2300万ドル(約690億円)規模のIPOを実施。21日の初値は22.22ドルだった。サンフランシスコに本社を置くリーバイの時価総額は86億ドル超となった。

  IPO業務はゴールドマン・サックス・グループとJPモルガン・チェースが主導した。リーバイの銘柄コードは「LEVI」。同社は1985年に非上場化されていた。

原題:Levi’s Surges in Return to Market in Year’s Top U.S. IPO (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE