コンテンツにスキップする

【NY外為】ドル指数、2週ぶり大幅高-FOMC後の下げ埋める

更新日時

21日のニューヨーク外国為替市場では、ドル指数が2週間ぶりの大幅上昇。ドルは主要10通貨の大半に対して上昇した。米連邦公開市場委員会(FOMC)は前日、金利を当面維持することを示唆した。

  • 主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.5%上昇。前日は一時0.6%低下していた。ドルは主要10通貨の大半に対して上昇、ノルウェー・クローネに対しては下落した。ノルウェー中央銀行は政策金利を引き上げ、追加利上げの可能性を示唆した
  • 米10年債利回りは1ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の2.54%。一時は2.498%と、昨年1月以来の低水準をつけた
    • FOMCは前日、今年の利上げ回数予想をゼロに引き下げたほか、経済成長率予測も下方修正した
  • ニューヨーク時間午後4時9分現在、ドルは対ユーロで0.4%高の1ユーロ=1.1367ドル。対円では0.1%上げて1ドル=110円81銭
  • HSBCセキュリティーズで通貨戦略の米責任者を務めるダラフ・マー氏は、「各国・地域の中央銀行が政策を据え置く中、為替にとっては相対的にボラティリティーの低い環境が示唆される」と指摘。「それはキャリー取引を促す。ドルは主要10通貨の中で依然として最も魅力的な通貨だ」と述べた
  • JPモルガンのボラティリティー指数は2日連続で上昇したものの、なお2014年以来の低水準付近にとどまっている
Volatility in global currencies near lowest since 2014

欧州時間の取引

  ドルが持ち直し。FOMCのハト派的な政策決定を受けた売りの勢いが弱まった。ノルウェー・クローネは主要10通貨で上昇率トップ。ノルウェー中銀が一段の政策引き締めを示唆したことが買い材料。

原題:Dollar Recoups Losses Seen After Cut to Fed Outlook: Inside G-10(抜粋)
Dollar Selling Momentum Fades, Norway’s Krone Gains: Inside G-10

(相場を更新、リードを書き換え、新たな情報を加えます.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE