コンテンツにスキップする

中国テンセント:昨年10-12月の純利益、予想下回る-コスト膨らむ

  • 純利益は32%減の142億元-予想平均175億5000万元
  • 売上高は849億元と、予想の834億元を上回った

中国のソーシャルメディア最大手、テンセント・ホールディングス(騰訊)の昨年10-12月(第4四半期)決算は、純利益が市場予想に届かなかった。ゲーム事業減速の穴を埋めるため、クラウドおよびモバイル決済事業に大きく資金を投じたことが響いた。

  純利益は前年同期比32%減の142億元(約2340億円)。予想平均は175億5000万元だった。株式発行や投資した企業の評価損引き当てなどを反映している。

  売上高は849億元と、予想の834億元を上回った。コンテンツや金融テクノロジー関連の経費が膨らみ、コストが前年同期比で43%増えた。

  調整後の1株利益は2.07元と、予想の1.83元より良かった。オンラインゲームやメッセージングを含む付加価値サービス部門の売上高は9%増の437億元。アプリ「微信」の月次アクティブユーザー数は11億人に増えた。

原題:Tencent Profit Misses Estimates as Games Slip, Costs Swell (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE