コンテンツにスキップする

インドネシア中銀:政策金利据え置き-米利上げ停止で圧力和らぐ

  • 7日物リバースレポ金利を6%に維持-4カ月連続
  • エコノミスト36人全員の予想通り-ブルームバーグ調査

インドネシア銀行(中央銀行)は21日、政策金利を4カ月連続で据え置くことを決めた。米連邦準備制度が一段と慎重な姿勢に転じたことで、新興国市場への圧力は緩和されている。

  同中銀は7日物のリバースレポ金利を6%に維持することを決定。ブルームバーグの調査ではエコノミスト36人全員が据え置きを予想していた。同中銀は昨年、米利上げを受けた新興国市場の混乱と通貨安を受け、政策金利を計1.75ポイント引き上げていた。

Benign conditions have put rate cuts back in play in Indonesia


原題:Indonesia Keeps Benchmark Rate Unchanged as Fed Pressure Eases(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE