コンテンツにスキップする

ニュージーランド、半自動銃や突撃銃を全面禁止-乱射事件受け

  • アーダン首相、武器買い取り制度の構築も表明-50人犠牲で
  • 半自動銃などの禁止措置は即時実施、買いだめ防止

ニュージーランドはモスク(イスラム教礼拝所)2カ所での銃乱射テロ事件で50人が犠牲になった惨事を踏まえ、軍仕様の半自動銃や突撃銃を禁止し、こうした武器を全国的に買い取る制度を構築すると発表した。

  アーダン首相は21日、銃器の買いだめを防止するため禁止措置は即時実施し、法整備を進めると記者団に説明。今後数カ月以内に、銃ライセンスの厳格化と弾薬の規制強化を目指し銃規制法のさらなる改正を行うと述べた。

relates to ニュージーランド、半自動銃や突撃銃を全面禁止-乱射事件受け

ニュージーランドのアーダン首相(3月21日)

写真家:Mark Coote / Bloomberg

  首相は「ニュージーランドの合法的な銃所有者の大多数は、今回の措置が国益に合致すると理解し、この改正に対応すると私は強く信じる。今日禁止するのは15日の事件で使用されたタイプのものだ」と述べた。

「15日のテロ攻撃で使用されたタイプの半自動ライフルはこの国で全面禁止される」とアーダン首相は表明

(出典:TicToc)

原題:New Zealand Bans Assault Rifles in Wake of Deadly Attacks (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE