コンテンツにスキップする

【NY外為】ドル下落、FOMCが今年の利上げ予想をゼロに引き下げ

20日のニューヨーク外国為替市場では、ドル指数が1月以来の大幅下落。米連邦公開市場委員会(FOMC)が今年の利上げ回数予想をゼロに引き下げたことが響いた。

  • 主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.5%低下。一時は0.6%安と、1月25日以来の大幅な下げ。重要な支持水準の1187を割り込み、ここ9営業日で8日目の下落。ドルはポンドを除く主要10通貨に対して下げた
  • FOMCの経済予測では、当局者17人中、11人が今年の利上げ回数をゼロと見込んでいることが示された。4人は1回の利上げを予想、2人は2回を想定
  • ブルームバーグの調査では今年1回、来年も1回の利上げがそれぞれ予想されていた。昨年12月時点のFOMC予測では、今年の利上げ回数は2回だった
  • 米10年債利回りは9ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の2.5245%と、昨年1月以来の低水準
  • FOMCは今年と来年の経済成長率見通しを下方修正。今年の予測中央値は2.1%と、昨年の成長ペースを1ポイント下回る
  • ニューヨーク時間午後4時17分現在、ドルは対ユーロで0.6%安の1ユーロ=1.1421ドル。対円では0.7%下げて1ドル=110円67銭
Greenback drops by most since January on dovish Fed
  • ポンドは対ドルで0.5%安。一時は0.9%下げる場面もあった。メイ英首相は欧州連合(EU)からの離脱期限を6月30日まで延期することをEU側に要請したことを明らかにした。トゥスクEU大統領は、短期的な延期は可能だが英議会が既存の離脱協定案を承認することが条件になるとくぎを刺した

欧州時間の取引

  ブルームバーグ・ドル・スポット指数が4営業日ぶりに上昇。FOMCの決定を控え、ポジション調整の動きが広がった。英EU離脱を巡る不透明感が続く中、ポンドは下落。

原題:Dollar Slides After Fed Backs Away From Rate Hikes: Inside G-10(抜粋)
Dollar Gains Before Fed, Pound Slips on Brexit Woes: Inside G-10

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE