コンテンツにスキップする

メイ首相のEU離脱延期提案、強硬離脱のリスク高めた-ダイモン氏

JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)はメイ英首相が欧州連合(EU)に対して要請した3カ月の離脱延期について、不透明性を取り除くことにはならず、合意なき離脱の可能性を高めたと語った。

  ダイモン氏は20日、世界経済の成長に対する不透明性が強まったため楽観を後退させていると前置きした上で、「いわゆるハードブレグジットがあと10日のうちに起こるリスクが膨らんでいる」と記者団との電話で発言。「実際にそうなれば英国にとってかなり大きなマイナスだ。欧州にとってはそれほど大きなマイナスではなく、米国への影響はそれよりはるかに小さい」と続けた。

  同氏は先週、英国は合意なき離脱への準備ができていないと指摘し、そのような結末を迎える可能性は10%だとの見方を示していた。

原題:Dimon Sees ‘Huge Negative’ for U.K. as May Bid Risks Hard Brexit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE