コンテンツにスキップする

バイデン氏、米大統領選への出馬計画を支持者に伝達-関係者

  • 民主党候補指名争いで最有力候補に浮上も-早期調査でリード
  • 表明は数週間以内になる見込み-関係者が匿名で語る

バイデン前米副大統領は2020年の米大統領選の民主党候補指名争いに参加する方針を固めつつあると、一部の支持者に伝え始めている。事情に詳しい関係者が明らかにした。実現すれば、多岐の分野にわたる民主党候補者の中でバイデン氏がトランプ大統領に対抗する最有力候補に浮上する見通しだ。

  バイデン氏(76)は民主党予備選の有権者を対象とする早期調査でリードしている。また、他の候補者への支持を控えてバイデン氏の決定を待っている民主党の主要な資金提供者から、かなりの支持を得る可能性がある。

  私的な会話だとして匿名で語ったこの関係者によると、出馬表明は数週間以内に見込まれている。バイデン氏の広報担当者ビル・ルッソ氏はコメントを控えた。

  バイデン氏が早い段階で優位に立っている背景には高い知名度やオバマ前大統領との近い関係がある。ただ、トランプ大統領より4歳年上という年齢に加え、若者やマイノリティー、女性の構成比率がますます高まっている民主党の支持基盤の大部分より穏健な立場を取るなどのマイナス材料もある。

原題:Biden Said to Tell Supporters He Plans to Run for President(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE