コンテンツにスキップする
Photographer: Stefan Wermuth/Bloomberg

「世紀のトレード」、金買いと株売りをクレスキャットが推奨

  • このトレードは同社のポジションの75%を占める
  • 同社ファンドの昨年の運用成績はプラス41%
A worker stacks 12.5 kilogram gold bullion bars at the Valcambi SA precious metal refinery in Balerna, Switzerland.
Photographer: Stefan Wermuth/Bloomberg

昨年に高い成績を記録したヘッジファンド運用会社の一つであるクレスキャット・キャピタルは、「世紀のトレード」が金買いと株売りだとの見方を示した。リスク資産が再びメルトダウン(暴落)に向かっているためだという。

  この弱気トレードが大きな利益をもたらすのは時間の問題だと、クレスキャットは指摘。同社の運用資産は5000万ドル(約56億円)にすぎないが、これまでの運用成績はS&P500種株価指数を上回っており、同社の「グローバル・マクロ・ファンド」のリターンは昨年単年でプラス41%だった。現在は、リセッション(景気後退)が今後数四半期に迫っていると指標が警告する中で、景気サイクル終了から利益を得る準備が整っているという。

  クレスキャットのグローバルマクロアナリスト、タビ・コスタ氏は電話取材に対し、コンセンサスではリセッションが2020年か21年と見込まれているとした上で、「われわれはそれよりもずっと近いと考えている。当社が注視しているマクロタイミング指標は数多い」と述べた。

Crescat goes long gold in CNY terms while shorting global stocks

  金に対して中国人民元建てでロング(買い持ち)、世界株に対してショート(売り持ち)とするポジションが、同社の現在の戦略の4分の3を占めている。

原題:Crescat Capital Says Buy Gold, Sell Stocks in ‘Trade of Century’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE