コンテンツにスキップする

コーヒーの未来はNYにあり-SNS世代が変える消費トレンド

  • 協同組合「レガリア」のビジネスモデルはローストマシンの時間貸し
  • 小分けでの焙煎需要は小さくて安価なローストマシンの需要も広げる

ニューヨークのクイーンズ区ロングアイランドシティーを米アマゾン・ドット・コム第2本社建設を巡る調査のために同社のジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)が訪れることはもうない。だがコーヒー焙煎(ばいせん)の未来はここにあるのかもしれない。

  アマゾンがニューヨークシティーキャンパスを建設することを断念した区画から1マイル(約1.6キロメートル)ほど北にある小さなコーヒー焙煎協同組合「レガリア」は、カフェのオーナーであれ流行に敏感な消費者であれ、焙煎のため生のコーヒー豆を持ち込みむ者を誰でも歓迎している。

Regalia Coffee

生のコーヒー豆(レガリア)

撮影: Regalia Coffee

  レガリアのビジネスモデルは、ローストマシンの時間貸しだ。コーヒー党がよく足を運ぶ高品質コーヒーをおしゃれなマグカップで飲むコーヒーチェーンと一線を画したい最先端の考えを持つ米国人の多くを引き付けている。

  「コーヒー焙煎業者とカフェやベーカリーのオーナーのビジョンと目標はいつも足並みがそろっていなかった」とレガリアのオーナーの1人であるパオロ・マリクシ氏は言う。

  ビール業界などにも広がるブームの最前線に立つのが同氏のような小さなコーヒー焙煎業者だ。米国でのクラフトビール人気のように、ニューヨークからシカゴ、シアトルに至る全米各地でオーナーが選んだ豆を自ら焙煎するというコーヒー店が増えている。

  「セルフロースト」に向かうトレンドは、コーヒー好きのミレニアル世代にとっては朗報だ。この世代は食品の生産地を気に掛ける一方で、スターバックスで飲むドリップコーヒーの倍以上のコストがかかろうとも平気だ。インターネットや会員制交流サイト(SNS)をより積極的に活用する若者たちが、米コーヒー業界の形を変えつつある。

Bellwether coffee

ベルウェザーのローストマシン

Photographer: Bellwether

  ラボバンクによれば、焙煎ショップだけでは大手コーヒーブランド各社にとってまだ大きな脅威ではない。だが若者の既存ブランド離れが大手食品会社に対応を迫っている。

  例えば米JMスマッカーはコーヒーブランド「フォルジャーズ」を買おうとしない若者層を狙った「1850」というシリーズを投入。「マックスウェルハウス」の米クラフト・ハインツは先月、消費者の好みが変わりつつあることで同社を象徴する商品の一部に対する評価が低下していることを認め、154億ドル(約1兆7200億円)の資産償却を行った。 

Taking Out the Middle Man

Roasting collective says cafes can save thousands by roasting themselves

Source: Regalia

Note: Traditional model assumes roaster gets $10/pound

  ラボバンクのアナリスト、ジェームズ・ワトソン氏は「いずれ大きな動きになり食料品店に取って代わるようになれば、大手にとってのリスクが高まる可能性がある」と指摘し、「スペシャルティーコーヒーとロースト」が全般的なトレンドに合致しているとの見方を示した。

  カリフォルニア州バークリーに本社を置く焙煎機メーカーのベルウェザー・コーヒーは、一般的なモデルより70%小さいロースターマシンを開発。ネイサン・ギリランドCEOによれば、このマシンは電動で、カフェにガス管を引く必要もなく、換気の問題も解決できるという。小分けでのコーヒー焙煎需要は、小さくて安価なローストマシンの需要も広げている。

原題:Big Coffee Has Problem as Craft Roasters Cut Out a Middleman (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE