コンテンツにスキップする
Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

エヌビディアは過剰在庫解消見込む、強気な通期見通しを維持

  • 20年1月通期の売上高が横ばいか若干減少との予想を維持
  • 仮想通貨関連の需要、当てが外れて在庫積み上げる
An attendee takes a photograph of the stage prior to the Nvidia Corp. event at the 2019 Consumer Electronics Show (CES) in Las Vegas, Nevada, U.S., on Sunday, Jan. 6, 2019. CES showcases more than 4,500 exhibiting companies, including manufacturers, developers and suppliers of consumer technology hardware, content, technology delivery systems and more.
Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

コンピューター・グラフィックス(CG)用半導体製造で最大手の米エヌビディアは、仮想通貨関連の需要を見込んで積み上げられた半導体の過剰在庫が今四半期中に解消されるとの見通しを示した。また、2020年1月通期についても楽観的な予想を維持した。

  エヌビディアは依然として売れ残り部品の在庫に対応しているところだが、以前予測した通り、この取り組みが完了の方向に向かっていると、コレット・クレス最高財務責任者(CFO)が19日のイベントでアナリストや投資家に語った。同社は20年1月通期の売上高が前年比横ばいないし若干の減少になるとの見通しを維持。アナリストの予想平均は4%減だった。

  仮想通貨急落に伴い仮想通貨マイニング(採掘)業者への半導体の売り上げが昨年急減し、同社の業績に打撃を与えた。その結果生じた過剰在庫の問題に加え、AI(人工知能)コンピューティング向け半導体を利用していた消費者やデータセンター運営業者の需要鈍化も追い打ちをかけている。

  19日の米株式市場でエヌビディア株は4%で取引を終了した。

原題:Nvidia on Track to Clear Inventory, Sticks to Bullish Outlook(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE