コンテンツにスキップする
Photographer: Chris Ratcliffe

アルミ大手ノルスク・ハイドロ、サイバー攻撃で操業が一部停止

Green light illuminates the keyboard of laptop computer as a man enters the data using the computer keyboard in this arranged photograph in London, U.K., on Wednesday, Dec. 23, 2015. The U.K.s biggest banks fear cyber attacks more than regulation, faltering economic growth and other potential risks, and are concerned that a hack could be so catastrophic that it could lead to a state rescue, according to a survey.
Photographer: Chris Ratcliffe

世界有数のアルミ生産会社、ノルウェーのノルスク・ハイドロは、欧米の広範囲を襲った身代金要求型ウイルス(ランサムウエア)のサイバー攻撃により、一部で生産停止に追い込まれたことを明らかにした。

  同社はランサムウエアによる被害の食い止めに引き続き取り組んでいるとし、状況は「かなり深刻」だと説明した。またサイバー攻撃に備えた保険には加入しているとし、バックアップのデータを利用してシステムを復旧させる方針を示した。

  ノルスク・ハイドロは、今回の攻撃で生産にどの程度影響が出ているか詳細な説明はしていないが、被害を受けた工場については隔離する措置を取ったとしている。

  アイビンド・カレビーク最高財務責任者(CFO)はオスロでのインタビューで「工場の多くは通常通りに操業し、生産・納入も計画通り行っている」と述べた。

原題:Cyber Attack Hits Operations at Aluminum Maker Norsk Hydro (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE