コンテンツにスキップする

中国テンセント:マネジャーの10%が削減・降格対象に-関係者

  • 成績が最も低いゼネラルマネジャーは退職か降格とする必要-劉社長
  • 中国テクノロジー企業ではJDや滴滴出行なども人員調整に乗り出す

中国最大のゲーム・ソーシャルメディア企業、テンセント・ホールディングス(騰訊)は同社のマネジャーの約10%に削減・降格を通告している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。成長鈍化や競争激化の中で人員構成を見直す。

  非公開情報だとして匿名を条件に話した関係者によると、テンセントの劉熾平社長は昨年終盤に開いた社内会議で、同社がこれまで人員削減をそれほど実施してこなかったことを主な理由として、成績が最も低いゼネラルマネジャーは退職か、降格とする必要があると説明した。テンセントの広報担当ジェーン・イップ氏にコメントを求めたが、返答はなかった。

  中国当局は昨年、9カ月にわたりゲーム認可を停止。テンセントの事業の柱に大きな打撃となった。同社はアリババ・グループ・ホールディングや短い動画アプリで利用者を増やしているバイトダンス(字節跳動)など新興勢力との競争にもさらされている。

  中国のテクノロジー企業では、電子商取引会社のJDドットコム(京東)や配車サービスの滴滴出行なども難局を乗り切るためとして人員の調整に乗り出している。

原題:Tencent Is Said to Target 10% of Managers for Job Cuts, Demotion(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE