コンテンツにスキップする
Photographer: jeffbergen/iStockphoto

米女性エコノミスト、ほぼ半数が性差別を報告-経済学会調査

  • 人種・民族に基づく差別も-報酬面で不当に扱われたと黒人回答者
  • 9000人余りの現・旧会員が調査に回答を寄せた
Cropped shot of audience members making notes on their notepads at a conference
Photographer: jeffbergen/iStockphoto

米国の女性エコノミストのほぼ半数が性差別を経験している。18日に公表された米国経済学会(AEA)の調査で明らかになった。

  女性エコノミストの48%が性別に基づく不当な差別を受けことがあると回答し、22%は配偶者の有無や子育て・介護の義務を巡り差別を受けたと答えた。調査の依頼は4万5000人以上に送付され、昨年11月から今年2月にかけて9000人余りの現・旧会員が回答を寄せた。

  他のエコノミストや学生からの性的暴行を報告した女性は85人。179人が暴行未遂を報告し、405人が同業者から望まない注目を受けたと答えた。調査では性別に加え、人種や民族に基づく差別も報告された。黒人回答者の27%が昇進で差別を受けたと回答し、3分の1以上が報酬の面で不当に扱われたと答えた。

  「多くの会員が職務を遂行する中で、あからさまな行為やより目立たない形でのハラスメント(嫌がらせ)や差別に苦しめられてきた。こうしたことは受け入れがたい」とAEAのベン・バーナンキ会長、次期会長に選出されているジャネット・イエレン氏、オリビエ・ブランシャール元会長が調査結果に合わせて公表された会員への書簡で指摘。AEA幹部らはこの問題を「極めて真剣に」受け止め、行動規範の導入など昨年着手したステップを一段と拡大する意向だ。

原題:Almost Half of Female U.S. Economists Report Sex Discrimination(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE