コンテンツにスキップする

SECはマスク氏にあぜん、裁判所命令後もツイート事前承認求めず

  • マスク氏を法廷侮辱罪に問うようあらためて地裁判事に要請
  • マスク氏弁護士は22日までの反論提出認めるよう判事に求める
米テスラのイーロン・マスクCEO

米テスラのイーロン・マスクCEO

Photographer: David Paul Morris
米テスラのイーロン・マスクCEO
Photographer: David Paul Morris

米テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が同社についてツイッター投稿する前に事前承認を得るよう裁判所に命じられたにもかかわらず、数カ月にわたり承認を得ないままツイートしていたことについて、米証券取引委員会(SEC)は「あぜんとさせられた」とした。

  テスラの株式非公開化計画に関する昨年8月のマスク氏のツイートを巡るSECとの和解は、4000万ドル(約45億円)の制裁金と、独立社外取締役2人の起用、同氏の会長職辞任をいう結果につながった。10月に裁判所判事に承認されたこの和解は、会社関連のツイートを事前承認する弁護士の指名もテスラに求めた。テスラは12月後半に弁護士1人を指名したが、この人物はツイートをリアルタイムでモニターしているものの、事前に承認していない。

  SECは18日、裁判所が命じた事前承認ポリシーの効力が生じてからの「数カ月間にマスク氏がテスラに関して発した多数のツイートについて、事前承認を求めたものは1本もなかった」ことが分かったとして、連邦地裁判事に対しマスク氏を法廷侮辱罪に問うようあらためて要請。テスラの生産見通しは同社に注目する市場参加者にとって長年重視されていると強調し、「裁判所命令を無視する行為は受け入れ難い」とした。

  アリソン・ネイサン地裁判事はマスク氏の法廷侮辱罪を認めた場合、新たな罰金を科し、マスク氏のソーシャルメディア使用にさらなる制限を命じ、同氏によるテスラや他の上場企業の経営を一時停止ないし禁じる権限を持つ。

  マスク氏の代理人を務めるジョン・ヒューストン弁護士はネイサン判事に対し、22日までに反論の書類を提出することを認めるよう要請した。

原題:SEC Stunned That Musk Failed to Get Pre-Approval of Tweets (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE