コンテンツにスキップする

ワーナー・ブラザーズのツジハラ会長が退任-女優とのスキャンダルで

  • ツジハラ氏は女優と性的関係を持ち、映画出演を助けたとされる
  • ワーナーメディアCEO:ツジハラ氏の退任が最善の利益だ

米通信事業者AT&Tの映画部門ワーナー・ブラザーズ・エンターテインメントのケビン・ツジハラ会長兼最高経営責任者(CEO)は女優とのスキャンダルが報じられた後、退任した。ハリウッドの有力者がまた1人、セックススキャンダルで失墜した。

Tech And Media Elites Attend Allen And Company Annual Meetings In Idaho

ケビン・ツジハラ氏

撮影:Drew Angerer / Getty Images

  業界誌ハリウッド・リポーターは、ツジハラ氏(54)が女優シャーロット・カークさんと性的関係を持ち、カークさんが映画で役をもらえるよう助けたと今月6日に報じた。さらに2人の関係は、ワーナー・ブラザーズ制作映画を支える4億5000万ドル(約500億円)の資金調達の取引にも関連していると伝えた。

  昨年ワーナー・ブラザーズを買収したAT&Tにとっては、通信会社からメディア複合会社に転換する難しさが浮き彫りになった。ワーナーメディアのジョン・スタンキーCEOはツジハラ氏が社をリスクにさらしたと述べた上で、ツジハラ氏の退任を発表。「ツジハラ氏がワーナー・ブラザーズの会長とCEOを退任することがワーナーメディアとワーナー・ブラザーズ、従業員、社のパートナーにとって最善の利益だ」とし、「ツジハラ氏は自分の過ちが社のリーダーシップへの期待に相反し、社の今後の運営能力を害する可能性があることを理解している」と説明した。

原題:Warner Bros. Chief Kevin Tsujihara Is Ousted Over Sex Scandal(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE