コンテンツにスキップする
Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

Jディスプ株が2カ月ぶり上昇率、エフィッシモCが「重要提案行う」

  • 保有目的を「純投資」から変更、一時前日比7.3%高の74円
  • エフィッシモCの保有比率は8.92%のまま、第2位株主
A Google Inc. Pixel 3 smartphone sits on display at a SoftBank Group Corp. store in Tokyo, Japan, on Friday, Nov. 2, 2018. Softbank will announce its half-year earnings figures on Nov. 5.
Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

経営再建中の液晶メーカー、ジャパンディスプレイ(JDI)の株価が反発。エフィッシモ・キャピタル・マネジメントが18日に関東財務局に提出した大量保有報告書で、同社の保有目的を「純投資」から「経営陣への助言、重要提案行為等を行うこと」に変更していた。

  株価は一時前日比7.3%高の74円まで上げ、1月23日以来約2カ月ぶりの日中上昇率となった。2月27日以来、3週間ぶりの高値。

  エフィッシモCの保有比率は1月9日に提出した際の8.92%のままで、筆頭株主の官民ファンドINCJ(旧産業革新機構)に次ぐ第2位株主。エフィッシモCは旧村上ファンド出身者が設立したシンガポールが拠点の投資ファンドで、JDI株を徐々に買い増している。東芝の第三者割当増資も引き受けた。

  JDIは最大顧客の米アップルの不振が影響し、今期(2019年3月期)の当期純損益は5期連続の赤字となる見通し。財務が悪化する中、中国企業を含めた複数社との提携交渉を進めている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE