コンテンツにスキップする

アップル、新型のiPad minとiPad Airを発表-ペンシルに対応

アップルは18日、新型の「iPad(アイパッド)エア」と「アイパッド・ミニ」を発表した。「ミニ」の新型は2015年以降初の発表となる。同社は25日にも、ニュースとエンターテインメントの新サービス発表を予定している。

  新型「アイパッド・エア」はスクリーンのサイズが10.5インチ。数年前の「アイパッド・プロ」発表以降、「エア」はアイパッドのラインアップからいったん姿を消していた。10.5インチというサイズは、教育機関向けに329ドル(約3万7000円)で昨年発売したモデルの9.7インチを上回る。新型「ミニ」のサイズは7.9インチで従来と変わらず。

  エアはこのほか、「スマート・キーボード」に対応。またエアとミニ共に「アップル・ペンシル」が使用可能、より高速のプロセッサー「A12」を搭載。昨年の教育機関対象モデルでの「A10」からアップグレードされた。

iPad Air

「アイパッド・エア」

出典: アップル

  新型のエア、ミニ共にホームボタンを採用。より高価なモデルで対応している顔認証ではなく指紋認証となる。価格はミニが399ドルから、エアは499ドルから。オンラインでの注文は既に受け付けを開始しており、店舗での購入は来週から可能になる。

iPad mini

「アイパッド・ミニ」

出典: アップル

原題:Apple Debuts Mid-Tier, Full-Sized IPad and New IPad Mini(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE