コンテンツにスキップする

インスタ映えする「点心」、世界を席巻-本場の香港から発信

  • 「唐宮小聚」のシェフが伝統の型を破ろうと挑んだのは2016年
  • 最新の挑戦は鰹節を加えたチャーシューペストリー

香港の食文化に関する著書のあるアデル・ウォン氏によれば、約750万人が暮らす香港でエビギョーザやチャーシューまんといった庶民の味「点心」は1世紀にわたり変わっていない。

  香港の尖沙咀にあるレストラン「唐宮小聚(ソーシャル・プレイス)」のシェフが伝統の型を破ろうと挑んだのは2016年のことだった。工夫を凝らした点心をメニューに加えると、ミレニアル世代の若者たちがインスタグラムに写真を投稿し始めた。香港のみならず中国本土や台湾にも店舗を展開する唐宮小聚は、新世代の気軽に入れるレストラン向けに点心を改良したのだ。

relates to インスタ映えする「点心」、世界を席巻-本場の香港から発信

唐宮小聚の「ベイベリー」

出典:ソーシャルプレイス

  唐宮小聚のシェフが作る点心は胃袋より先に目を楽しませてくれる。その形と色は何とも印象的だ。かわいらしい子豚や子熊の顔が描かれた点心もある。「包子」の具材に伝統的なチャーシューではなくサツマイモを使ったり、ミントの葉が乗るジャムが入り砂糖で包まれた団子も提供したりしている。メニューの大半は油や脂肪を使わず、健康意識の強い若者たちを引き付けている。

relates to インスタ映えする「点心」、世界を席巻-本場の香港から発信

唐宮小聚のシェフ

ソース:ブルームバーグ

  こうした「インスタ映え」する点心は世界中を席巻。米国の点心ファンはニューヨークの「レッドファーム」やサンフランシスコの「チリ・ハウス」でも楽しめるが、ブームの発信地は香港だ。
 
  唐宮小聚のシェフによる最新の試みは鰹節(かつおぶし)を加えたチャーシューペストリー。伝統的な型を壊すというより、伝統の境界線を広げようとするメニューだ。「点心はとても伝統的だ。シェフたちはクリエーティブだが、質を一切落としたくないと考えている」とウォン氏は話している。

relates to インスタ映えする「点心」、世界を席巻-本場の香港から発信

唐宮小聚の点心-味と共に見た目も工夫

ソース:ブルームバーグ
relates to インスタ映えする「点心」、世界を席巻-本場の香港から発信

カスタードが入った黒い包子

出典:ソーシャルプレイス

原題:Dim Sum’s Future Is Pokemon Buns, Black Custard in Hong Kong(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE