コンテンツにスキップする

米ジャンク債、慎重になるべき時とのシグナル発信か

  • 格下げが増加、最も高リスクの債券の値戻り鈍い
  • ジャンク債は米国の固定利付き商品の中で最高のパフォーマンス

米ジャンク債に慎重になるべき時だと警告する早期の兆候がある。

  投資家は高利回り債の中の最も弱い部分について買いに消極的になっているもようで、これは将来のトラブルの兆候である可能性があると、シティグループのストラテジストが指摘した。ブルームバーグがまとめたデータによると、投機的格付け企業の格下げの格上げに対する割合は2016年初め以来の高さになっている。 また、今月はサイエンティフィック・ゲームズ・インターナショナルなどの発行体が、ディーラーの想定よりも高い利回りを支払うことを強いられた。

  今のところ、多くの投資家はこれらの懸念材料を気に留めていない。ジャンク債は今年、最高値を更新しており、米国の固定利付き商品の中で最高のパフォーマンス。13日までで年初来6.4%余り値上がりした。バンク・オブ・アメリカ(BofA)の米クレジットファンド運用会社調査によると、ハイイールド債と投資適格級社債双方について、投資家の警戒感は2014年以来の最低水準にある。

  BofAのストラテジストであるオレグ・メレンティエフ、エリック・ユ両氏は8日、別々のリポートで、「このような相互に関連したリスクについて多くの投資家が依然として油断していると思われる」 と指摘した。「こうした姿勢はここ2週間ほどで変わり始めた兆候もあるが、総じてそのままだ」という。

Riskiest bonds haven't rallied as much as higher-quality parts of the market

  シティグループのストラテジスト、マイケル・アンダーソン、フィリップ・ドブリノフ両氏によれば、慎重になるべき理由の1つは、トリプルCクラスを中心に低格付けの銘柄が、ジャンク債の中で最も安全なダブルBクラスに比べ値戻りが鈍いことだ。 CCC債のリスクプレミアム(スプレッド)は、ハイイールド債が低迷し始めた昨年10月上旬の水準よりも、依然として約2.4ポイント大きい。一方、最高格付けのジャンク債は損失の大半を取り戻し、スプレッドは昨年10月に比べて0.33ポイント大きいだけだ。CCC債がそのように出遅れるのは珍しいと、アンダーソン氏は指摘している。

Volume of BBs have grown rapidly while CCCs have stayed relatively flat

原題:U.S. Junk Bonds May Be Signaling That It’s Time to Be Cautious(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE