コンテンツにスキップする
Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

米政策金利はあと1回の引き上げでピーク-エコノミスト調査

  • 調査の回答者らは中央値で9月の利上げを見込む
  • 政策金利レンジの上限は2.75%でピークに達すると予想
relates to 米政策金利はあと1回の引き上げでピーク-エコノミスト調査
Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

米連邦準備制度は、今年後半にもう1回利上げをした後、今回の引き締めサイクルを終了させるだろう。ブルームバーグが実施した最新のエコノミスト調査でこのような予想が示された。

  3月13-15日にかけて実施した調査の回答者らは中央値で、9月利上げを予想した。昨年12月の調査では2019年に2回の利上げが見込まれていた。エコノミストらはまた、9月の利上げで政策金利は今回の引き締めサークルにおけるピークに達すると予想。政策金利レンジの上限は2.75%になるとみている。3カ月前には3.25%がピークとの見方だった。

  米連邦準備制度理事会(FRB)のバランスシートについては、当局が今週、第4四半期に縮小プログラムを停止する方針を明らかにすると、エコノミストらは見込んでいる。

Downside Risks Still Dominate

Economists' view of risks to growth and inflation

Balance Sheet Distribution

Economists see the maturity distribution of the Fed's balance sheet either reflecting outstanding Treasuries or skewing toward short-term securities

Source: Bloomberg survey

原題:Fed Seen Hitting Rate Cycle’s Peak After One More Hike: Survey(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE