コンテンツにスキップする
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

ボラティリティー渇望の債券トレーダー、FOMCを恐れる

  • 10年債利回りの2月の月間変動幅は11.6ベーシスポイント
  • 19年末まで10年債利回りが2.5-2.8%と予想-ソシエテ
Monitors display Nikkei figures outside Morgan Stanley & Co. headquarters in the Times Square neighborhood of New York, U.S., on Friday, March 15, 2019. U.S. stocks joined a global advance in equities sparked by China's renewed commitment to stimulus as investors grew more confident that central banks will remain accommodative.
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

15兆8000億ドル(約1763兆円)規模の米国債市場は異例の穏やかさだ。ボラティリティーを渇望する債券トレーダーらは、連邦準備制度が変動を一段と抑制すると懸念している。

  連邦公開市場委員会(FOMC)を週内に控え、バンク・オブ・アメリカ(BofA)のMOVE指数はこのところの低下を続け、2017年に記録した過去最低に近づいている。ボラティリティーは、米国債利回りの変動幅が小さくなるとトレーダーが予想すれば低下する。市場はあまりに静かで、10年債利回りの2月の月間変動幅は11.6ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)と過去最低の部類だった。

  20日のFOMCの決定はさらにボラティリティーを低下させるかもしれないと、モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメントとソシエテ・ジェネラルは警告する。昨年12月には、FOMCメンバーの金利予想であるいわゆるドットプロットが19年の利上げ2回を示唆していた。モルガン・スタンレーのポートフォリオマネージャー、ジム・キャロン氏は、今週発表される最新のドットプロットは1回の利上げしか示唆しないだろうとみている。当局者らは利上げに関して慎重な発言を繰り返し、市場は昏睡状態から抜けられない。

  キャロン氏は「FOMCメンバーの金利予想は引き下げられ、当局は安定的な低金利環境を確認するだろう。年内にもしかしたら利上げという、形ばかりの警告はあるかもしれないが、誰も実施を信じないだろう。ボラティリティーは死ぬ」と話す。

U.S. bond volatility approaches 2017 record low

  10年物スワップの3カ月物オプションの年平均ボラティリティーは、48.7bpと過去最低を記録した。

  クレディ・アグリコルのストラテジスト、 アレックス・リー氏は「米国を中心とした中央銀行が提供する総合的な透明性」が、低ボラティリティー環境を作り出したと指摘する。

  ソシエテのスバドラ・ラジャッパ氏は、利回りが横ばいで推移し続けると予想。19年末まで10年債利回りが2.5-2.8%の間にとどまるとみている。

原題:Volatility-Hungry Bond Traders Fret That Fed Will Add to Malaise(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE