コンテンツにスキップする

武田薬:手術用パッチ剤ブランドの売却検討、債務削減で-関係者

武田薬品工業は、手術用パッチ剤ブランド「Tachosil(一般名ヒトトロンビン/ヒトフィブリノゲン)」の売却を検討している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。620億ドル(約6兆9000億円)相当での製薬大手シャイアー買収を受け、債務削減を目指す。

  関係者によれば、同ブランド売約額は5億ドル程度に上る可能性がある。検討が非公開であることを理由に匿名を条件に語った。バクスターインターナショナルやジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)などが関心を示している。

  正式な入札を巡る最終決定は下されておらず、武田薬はどの資産を売却するか引き続き検討中という。武田薬とJ&Jの担当者はコメントを控えた。バクスターの担当者は今のところコメントしていない。

原題:Takeda Is Said to Plan Sale of Tachosil in Shire Divestments(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE