コンテンツにスキップする

JPモルガンとシティグループ、端株取引デスクを廃止-関係者

シティグループJPモルガン・チェースは売買単位に満たない単元未満株(端株)を専門に取り扱っていたデスクを廃止した。ウォール街の金融機関はトレーディング事業のコスト削減を続けている。

  両行は過去数カ月に端株取引デスクを廃止、こうした株式は電子取引で実行することにした。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。シティグループの同デスクは8人のトレーダーで運営されていた。一方、JPモルガンのチームは5人に満たなかった。関係者は匿名で話した。

  シティの広報担当、ダニエル・ロメロアプシロス氏は電子メールで、「当行は顧客体験の改善に向け、インフラとトレーディング能力を著しく強化した」とコメント。

  JPモルガンの広報担当者はコメントを控えた。今回の動きについてはビジネス・インサイダーが15日、先に報じていた。

原題:JPMorgan, Citigroup Are Said to Disband Odd-Lot Trading Desks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE